安全衛生の取り組み

一人ひとりの健康と安全を守ります

社員の豊かな人生と企業の永続的な発展には、社員一人ひとりが健康で安全に働ける快適な職場環境が欠かせません。大分キヤノンでは「安全なくして経営なし」という安全衛生活動の理念のもと、労使が一体となって法規制を遵守し、安全と衛生レベルの向上をめざしています。

労働安全を維持するための活動として「機械装置による挟まれ・巻き込まれ災害の撲滅」「不安全行動、危険・有害因子に対するリスクアセスメントへの取り組み」「各種巡視活動や作業環境測定による安全作業・職場環境の確認」などを行い、従業員の安全意識向上と職場環境の保全を図っています。また、健康支援については、心と身体の健康維持・管理の出来る従業員の育成と、安心・安全・快適な働き易い職場環境をめざしています。

防災意識を高める取り組み

危機管理の一環として、総合防災訓練・夜間避難訓練はもちろん、自衛消防組織の各班が、地震・火災の災害環境を想定して訓練を行い、冷静な判断・スムーズな段取り・行動ができるよう訓練しています。また、防災週間・防災月間などを利用して、命を守ることを最優先に、一人ひとりが大規模災害を想定し、日頃から突然の災害に備える心構え・防災意識の高揚を図っています。

トリアージ講習会

トリアージ講習会
多数の傷病者から、重症度と緊急性によって治療の優先度を決定するトリアージの手法を学びます。

普通救命講習会

普通救命講習会
消防署の指導のもと、心肺蘇生やAEDの使い方、けがの手当など、応急手当の方法を学びます。

消火器放射訓練

消火器放射訓練
災害発生時に的確に操作できるよう、職場単位で定期的に訓練を行っています。

備品操作確認・点検

備品操作確認・点検
いざというとき作動しない、などが起こらないよう備品を定期的に点検しています。

健康支援

健康支援については、心と身体の健康維持・管理の出来る従業員の育成と、安心・安全・快適な働き易い職場環境をめざしています。そのための活動として社員の健康維持増進を目的に、産業医と保健師が連携して各種健康増進イベントを展開しています。参加した社員から、「参加してよかった」、「健康について意識し始めた」などの感想が寄せられています。

トリアージ講習会

健康支援室には産業医が常駐し、身体やメンタルについて、いつでも相談できる体制を整えています。

普通救命講習会

様々な検査機器を設置し、誰でも日常的なヘルスチェックができます。

消火器放射訓練

食堂では、主に生活習慣病などに関する啓発を行い、健康維持・管理についての意識を高めています。

備品操作確認・点検

レクレーションルームには、エアロバイクや卓球台をはじめ、気軽に運動ができる器具を設置しています。

交通安全活動

大分キヤノンの従業員は大半が車通勤であることから、社内に交通安全委員会を設置し、交通安全意識の向上を図っています。

活動としては、定期的に委員会を開催し、効果的な交通安全指導の方法を検討するほか、現場の意見を反映した安全対策の考案や改善を検討しています。また、社内での指導だけでなく、安全を守る活動の一環として、構内での交通安全の呼びかけと、地域の交通安全の呼びかけも行っています。

トリアージ講習会

入退社時の交通安全の呼びかけ。
構内の交通安全にも十分注意しています。

普通救命講習会

交通安全大会のようす。キヤノンアスリートクラブ九州の選手による交通安全街頭パレードなども行われます。