採用情報トップ

メッセージ

ものづくり企業のひとづくり

先輩社員の声

福利厚生

採用Q&A

先輩社員の声

田中 一樹

第一製造部
モールド部品立上げ

先輩社員の声

カメラを構成するプラスチック部品を量産ラインにのせるため、技術的視点から「金型設計」「インジェクション成形加工」「量産保証体制確立」までの新製品立上げ業務を担当しています。

幼い頃からものづくりに興味があり、実際に身近にある物を設計/製作したいという思いがありました。その中でも特に「カメラ」という製品は幅広いユーザーから支持されており、大分キヤノンはキヤノングループ内でも「一眼レフカメラ」の主管工場であるという観点から就職を希望しました。また、実力主義を基本とし、自分の能力を最大限に発揮/評価されるという点で魅力を感じたからです。

仕事で関わる人達とのコミュニケーションが、常に課題です。会社の中にはさまざまな職種がありますが、一人で完結する仕事というのは非常に稀で関係部門から多くの協力を引き出しながら業務を遂行する必要があります。しかし、どの部門にもお互いに「守るべき責任」や「果たすべき役割」があり、ときには意見が対立することもあります。相手の考えや意見を尊重しながら、そういった状況を乗り越えていく必要があり、コミュニケーション能力が重要だと思います。

技術検討したテーマで成果が実り、会社に貢献できたときにやりがいを感じます。
技術検討は要素検討から量産展開まで多大な時間を要し、かつ多くの課題や問題に直面するため、ときにはコスト的観点で断念せざるを得ない状況もでてきます。そうした課題を乗り越えて会社に貢献できた際には、「がんばって良かった」「次は何に挑戦しよう」という新たな挑戦への意欲が湧きます。

配属にあたっては自分の適正や今後の目指す姿を上司と相談し、研修などを活用しながらそれぞれの分野にあった育成を進めていきます。私の所属部門では、一般知識はもちろん、専門知識に関しても実習を通じて実際にものづくりを体験しながら 必要な知識・技術を身につけていく育成プログラムを組んでいます。

さまざまな業務を経験するにつれ、物事をよりロジカルに思考できるようになりました。与えられた仕事に対して"やりきる" また"責任感をもって挑む” ことは当然ですが、それを効率的に遂行し、より確実な成果を出すためには、日々の何気ないことに対しても論理的に思考を働かせ、プロセスを踏むことが重要だと気づきました。

日本企業を取り巻く環境は非常に厳しく、生産拠点を海外へ移す企業が増えています。それに伴い日本の強みである"ものづくり技術"や”技術者”が海外へ流出していると言われています。こうした環境変化の中、私は『ものづくりを国内に残す』という目標をもって日々の業務に取り組んでおり、海外に絶対負けない高品質で低コストな製品を生産すべく、さらなる組織力および技術力の向上に努めています。

自分が何をしたいかという思いを強く持ち、それに向けて日々努力する事が大切です。どこの企業でもそうですが、自分の仕事に誇りと責任を持ち、日々挑戦する意欲を発揮していかなければ、仕事に対するやりがいもなくなります。やりたい事や将来像をしっかりと確立させ、悔いのない選択をしてください。