採用情報トップ

メッセージ

ものづくり企業のひとづくり

先輩社員の声

福利厚生

採用Q&A

先輩社員の声

花島 公太

生産技術部
治工具設計、デバック、新規技術開発

先輩社員の声

私は「治工具」と呼ばれる、カメラやレンズを作る上で必要な生産設備のメカ設計およびその調整を行っています。基本的に現場からの要求仕様に対し、ゼロから設計をスタートさせ、現場のニーズにマッチした治工具を開発しています。また、現在人が行っている作業を自動化するためには新しい技術や知識が必要です。このように新製品立ち上げ準備に加え、新規技術の開発も同時に行います。

少さいころからミニ四駆やラジコンといった動く玩具を組立てたり、遊んだりするのが大好きな子で、ものづくりが好きな少年でした。そのころから将来はものづくりに携われる企業に就職したいと考えており、進路も自然と機械系を志望していました。九州内での就職希望を含め就職活動を行っていましたところ、大分キヤノンに出会い「キヤノンのカメラを国内で唯一生産している工場」には他にはない技術がたくさんあると思い、ものづくりの先端技術に携われると思ったからです。

新しい技術を確立する際は、その技術が「信頼」できるものなのか、「品質」や「安全」は問題ないのかといった項目を検証しますが、そのとき幾度となく問題が立ちはだかります(例えば耐久性がない、けがをする危険性があるなど)。その問題を解決していく過程での検討プロセスが非常に難しいです。まだまだ技術者としては未熟なため先輩社員からのノウハウやアドバイスをいただき、チームの協力および関係部門の協力を得て開発に取り組むことができています。

自分が設計した治工具が問題なく稼働し、その治工具から品質が守られた製品がつくられているところを見たときが私のやりがいにつながっています。また新しい手法や技術を開発する過程で、一つ一つの問題をクリアし、開発までの進歩が見えたときに楽しさを感じます。

会社の業績を向上させるためには人材力の向上が必要です。キャリア形成に必要なプログラムは十分に揃っていると思います。生産技術を例に挙げると、ものづくり人材育成センターでの新人教育で、設計に必要な知識と技術の習得ができます。さらにブラザー制度という、先輩社員が1年OJTを行い通常業務をじっくり教育していくというプログラムもありますので、充実感があります。

先輩社員に言われなくとも自発的に行動することです。それは入社して今までに行ってきたこと、そして今現在やるべきこと、さらに将来的にやらなければならないことが整理できているから、このような行動につながっていると思います。そのきっかけは、何でもチャレンジさせてくれる環境があり、「前進があれば失敗しても価値がある」という風土があるからです。

技術者として誰からも「信頼される技術者」であり続けることです。これが私のモチベーションであり、日々のキャリア形成につながっています。将来は「完全無人化でのカメラ組み立てラインの実現」ができるよう、日々技術的なキャリアを伸ばしていきます。

大抵の人は最初不安な気持ちで過ごされていると思います。しかしそんなことは必要ありません。充実した人材育成のプログラムや諸先輩方からの助言によって十分に自己成長につなげることができます。目的達成への努力の方向がずれていたときも親身になって教えてくれます。最後に同期の仲間はかけがえのない存在です。先輩に言えないこともあるかと思います。そんな時には言いたいことが言える仲間の存在が非常に重要になると思いますので、同期を大切にしてくださいね!