採用情報トップ

メッセージ

ものづくり企業のひとづくり

先輩社員の声

福利厚生

採用Q&A

先輩社員の声

松廣 幸紀子

生産技術部
自動化推進、機械設計

先輩社員の声

カメラの製造工程において、組立作業や目視検査など人の作業を機械に置き換える「自動化」を推進しています。私はその中で機械設計を担当しています。自動化することで、人では難しかった作業を減らし、人のカンコツ作業によってばらつく品質を機械で安定させることに取り組んでいます。

ずっとものづくりに関わる仕事がしたく、前職では産業用ロボットの設計開発に携わっていました。私が大分キヤノンに転職したのは、自分の力を生かし、地元大分から世界に向けたものづくりをしたいと思ったからです。

生産技術では、低コストでかつ高品質な製品を生産するため、常に新しい技術が求められます。めまぐるしい新製品サイクルの中で対応していくには、短い期間で俊敏に技術確立をしていかなければなりません。そのためアイデアをどんどん出せるよう、業務に関わらずたくさんのことに興味を持ち知識を増やすことで、数多くのひきだしを持てるよう努力しています。

大分キヤノンの生産技術部門は、装置の仕様検討から設計、調整、動作確認、生産立上げまで、装置導入におけるトータルの業務を任されています。設計だけ、立上げだけ、とかではなく、自分の設計した装置を自分の手で調整し、それを使ってカメラが生産されるところまで見ることができる会社はそうそうありません。世界中の人々が自分の装置でつくられたカメラを使っていると思うと、とてもやりがいを感じます。

ものづくり研修センターがあり、研修はとても充実しています。学生のときは苦手だった分野でも、実践形式で業務での必要なポイントを学ぶことができます。

自動化のプロジェクトは生産技術部門だけでなく、組立、製品設計、品質管理、調達などさまざまな関係部門とチーム一丸となって進めていきます。どの部門も「安くて高品質のカメラをつくる」という目標は同じです。それぞれの立場からの議論を通じて、お互い刺激を受けながら業務を進めてくので、機械のことばかりでなく工場全体として何が最適かを考えられるようになり、自身の成長にもつながっていると感じています。

生産工場が人件費の安い海外へ出ていく時代になりましたが、自動化を進めて海外よりも安い生産コストを実現し、メイドインジャパンの高品質のカメラをつくり続けたいです。

学歴や性別、年齢など関係なく、実力主義で評価してくれる会社です。自ら発信する力、アピールする力があれば、責任ある仕事に携わることができます。ユニークな発想と新しいアイデアで、ともによりよい製品を作っていきましょう。