キヤノンウィンド

CSR活動

「障がい者が働き続けることのできる職場であるために。」

知的障がい者の雇用促進が目的

キヤノンウィンドは、知的障がい者の雇用促進を目的に、暁雲福祉会との合弁会社として設立された大分キヤノンの特例子会社です。2008年の設立以来離職率ゼロを誇っています。
大分キヤノンは、仕事の創出、業務改善、採算性の追及を担当し、暁雲福祉会は、実習生の選出、福祉支援者の配置、生活面を含めたフォローを担当。作業指示書をもとに福祉専門スタッフが教育とフォローを行い、より効率よく確実に仕事が行うことができるよう、社員一人ひとりの適性を考慮しながら改善策を見出しています。

採算を意識し、企業として成長を続ける

現場では生産技術部門の協力で「からくり治工具」を作成し、それを活用して仕事を効率よく行い、かつ職域を広げられるように工夫しています。常に採算を意識しながら、労働者として、企業として成長し続け、それによって報酬を支払える企業でありたいと願っています。障がいのあるなしにかかわらず、キヤノングループで働く目的を共有することで、互いの理解を深め、共生の実現に向けて努力を続けます。

それぞれの適正に合わせた作業を担当

専用の定数箱とすることで、目線により、数の確認ができるようになっている

ミスなく効率よく作業ができるように「からくり治工具」をはじめ作業場の各所に工夫を凝らしている

社内のようす

キヤノンウィンド株式会社